有田のちゃわん祭り期間中「茶わん供養」奉納承ります

茶わん供養神事

アリタセラの南館に常設展示している「茶わん神輿」は、焼きものの神様として親しまれる「陶山神社」の分霊が座す御神体です。陶磁器を扱う店舗が集うアリタセラでは、焼きものへの一年の感謝の気持ちを込め、毎年、陶山神社宮司による茶わん供養の神事を行なっています。 令和元年に37回目を迎える歴史ある神事です。

※第37回茶わん供養神事は、令和元年11月20日(水)11:00〜執り行われます。
一般の方もご覧いただけますので、ぜひご来場ください。

「茶わん供養」のご利益

厄災消除 / 子孫繁栄

日々使う器への感謝を込め、役目を終えた茶わんを供養することで、厄災消除の身代わり祈願となり、さらには代々に渡り食べることに困らない子孫繁栄にご利益があるとされます。

ちゃわん祭り期間中は毎日、茶わん神輿近くにて「茶わん供養」奉納の受付を承ります。

欠けてしまったり、割れてしまった茶わん、役目を終えた愛用の茶わんをご持参ください。

感謝の気持ちを書き添えていただいた形代(かたしろ)に御霊を移し、お焚き上げをして丁重に供養させていただきます。

※例年行なっておりました「春茶わん交換」は、2018年のちゃわん祭りをもちまして終了とさせていただいております。

陶山神社の分霊が座す御神体「茶わん神輿」

茶わん神輿

茶わん神輿は 焼きものの神様として親しまれる「陶山神社」の分霊が座す御神体です。
積み上げられた茶わんは、総数679個におよび、有田の窯元62社のご協力のもと、制作されました。
陶磁器を扱う店舗が集うアリタセラのシンボルとなっています。(南館に常設展示)
アリタセラへお越しの際は、ぜひ日頃の器への感謝の気持ちを込めてご参拝いただき、お買い物をお楽しみください。