ホーム > 匠の蔵 

匠の蔵

伝統を守ることそれは、革新することです。
物づくりの原点に戻り、新しい商品を開発し、時代に挑み続ける有田の底力。

匠の蔵開発ストーリー

有田焼の「匠の蔵」とは…

有田焼は400年の長い歴史と伝統に裏打ちされた技術を持ち、欧米の有名陶磁器に影響を与えた日本が誇る磁器であることはどなたもご存じでしょう。 この「世界財産」とも言うべき伝統技術を、現代の生活シーンになくてはならない素敵な小道具として日常的に使ってもらえるように、窯元、商社、生活者3者の情熱がコラボレーションして誕生したのが「匠の蔵」シリーズです。

400年の歴史を持つ有田焼の世界では、慣習として窯元と商人の役割がはっきりと区別されていました。 “「窯元は製品を作るだけ、商社は売るだけ」という固定観念を打ち破り、現代のライフスタイルに合った商品開発で、有田焼をリノベーションしていくためには、窯元と商社の共同作業が必要だ。”

匠の蔵

「匠の蔵」シリーズ第1弾至高の焼酎グラス。
細部にわたり、匠の技が活かされています。

百田憲由氏

有田焼卸団地協同組合
前青年部 部長

百田 憲由 氏
その信念をもとに、まっ先に声を上げたのが、有田焼卸団地協同組合青年部の会長に就任したばかりの百田憲由氏でした。 百田氏が抱いたアイデアは、窯元と商社がモノづくりを1から共同で行うこと。“究極の1つの型”を完成させ、複数の窯元が利用し、絵柄のバリエーションを展開し、1つのブランドとして全商社共同で売るというユニークな構想でした。

時は2005年、世は一大焼酎ブーム。機能性に着眼した焼酎専用グラスを世に送り出すことをテーマに、窯元6社のメンバーらと新しい商品開発をスタートしたのです。 これが「匠の蔵」のはじまりでした。

その後、生活者・窯元・商社(販売者)の3者の視点から究極の品を生み出すべく、毎年、意欲的に商品開発・提案を続けています。
「匠の蔵」は、有田の窯元と連携したものづくりプロジェクトから生まれました。
すべての作品が、度重なる試行錯誤の末に作り上げられた、至極の逸品です。
ぜひ、手にとってご覧になってください。
匠の蔵 至高の焼酎グラス 匠の蔵 至福の徳利&盃 匠の蔵 プレミアムビアグラス
匠の蔵 極上のカレー皿 匠の蔵 贅沢なシチューボール
匠の蔵 マグ・ティーマグ
匠の蔵 酒グラス
匠の蔵列伝

Copyright Arita Ceramics Wholesalers, All Rights Reserved.